top of page
検索

5月9日は口腔(ゴークー)ケアの日!

5月になりました。

4月は気候が安定せず、地域によっては朝晩の気温差が20℃と驚く数字が出ましたね。

みなさまお変わりないでしょうか。


さて、先日ご縁あって「日本口腔ケア学会・学術大会」に見学に行ってきました。

ことの始まりは今年の日本口腔ケア学会・学術大会を取り仕切る獨協医科大学口腔外科の秘書の方からのご連絡でした。






















こちらの大会では早期参加登録した方にノベルティのプレゼントをしていて、その候補にボディクレイの商品が選ばれたのです!

インターネットで口腔ケアと検索していたところ、「ねんどのハミガキ」にたどり着いたそうです。

ボディクレイでは以前より口腔ケアの大切さをお伝えしてきましたが、まさか口腔ケア学会の方の目に留まるとは!とても嬉しいお声掛けでした。




さて、口腔ケアにはとても興味がありましたので、当日大会に伺い講義を拝聴してきたのですが、周りを見わたすと医療関係者風の方ばかりでかなり緊張・・・

最新の口腔ケア情報は難しい単語ばかりで難しかったですが、とても興味深かいお話が聞けてありがたい経験でした。

いくつかご紹介いたします。


・歯は体内と体外に存在している(貫通している)

・健康な歯は体内外をエナメル質、歯根膜、歯肉でうまく封鎖されていて口腔内の細菌が体内に侵入することはできない

・虫歯や歯周病により封鎖されていた部分が破綻すると口腔内細菌が体内へ簡単に侵入してしまう

・バイオフィルムや歯石と呼ばれるデンタルプラークには1グラムあたり1,000億個の最近がいる(5000種類以上)

・歯と歯茎の隙間が5mmあると、手の平の72%がずる剥けになっているのと同じくらい細菌の侵入が容易い

・細菌が気道や血中に侵入すると臓器にも移動していく

・高齢者の肺炎の発症率が口腔ケアで変わる

・同じ細菌の侵入でも免疫力の高い人と低い人では影響が違う

・有病者が治療するにあたり、口腔環境が悪いと感染症などのリスクが高まるため本治療を始める前に口腔疾患治療を行うことがある



1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という8020運動が始まって34年。

当初は10%にも満たなかったそうですが、現在は50%を超えたそうです。



健康な歯でいるということは、健康な身体を維持することに深く関係していると実感しました。口腔内に細菌がいるのは当たり前ですが、その細菌が体内に侵入しないよう日々のケアを怠らないようにしたいですね!


ノベルティでのボディクレイ商品はとても好評だったようで、スタッフの方も「ねんどのハミガキ」にはとても興味を持ってくださいました。

口腔ケアの世界に「ねんど」がお役に立つ日を願って、今日も「ねんどのハミガキ」で歯磨きに勤しみます(*^-^*)



閲覧数:20回0件のコメント

Comments


bottom of page