top of page
検索

「ねんどの皮膜とアレルギー」

ねんど日和(GAIAのお店ネットで連載中)


3月は記録的な暖かさが続きましたね。

36の都道府県で1か月の平均気温が観測史上1位だったそうです。

桜の生長も早く、開花、満開ともに過去最も早い記録となった所も続出したようです。

皆様はお花見しましたか?



さて、暖かくなるにつれて気になるのが花粉ですね。 実際今年は10年に1度といわれるほど花粉の飛散量が多いようです。 わたしは花粉症ではないのですが、3月に入ってから 鼻がいつも湿っている感じがありました。

子どものころは、紅鮭を食べると口の中がかゆくなり、猫ちゃんを触るとクシャミ、

埃っぽいところに行くと喘息がでたりと、多少のアレルギーはあると思うのですが、

いよいよ花粉症デビューかなと腹を括っておりました。



そんな折、テレビでアレルギー特集の番組をみて、とても興味深いことがありました。

食物アレルギーについて口から食物を摂ることで発症する『経口感作』が原因として考えられることが多かったようですが、 近年では手や肌などの皮膚が食べ物に触れて発症する『経皮感作』でもアレルギーを発症することがわかってきたそうです。

食べ物以外にも化粧品に多く使用される原料などが日常的に皮膚から摂取され、少しずつアレルギー症状を起こしていたものが、口から大量に入って大きな症状を引き起こすこともあるということらしいです。


確かに以前、化粧品に配合されていた小麦でアレルギーを発症したと話題になったことがありましたね。 経皮感作については、バリア機能が弱まっていたり、傷があったりすると吸収しやすいそうです。ですので、なるべくケアして肌のバリア機能を保ちたいものです。

そこで「ねんどの皮膜」。 ねんどが肌の上に薄い膜を形成することで、物理的に肌を保護することができます。 そしてそのねんどはたっぷりの水分を保持しているので乾燥している肌には一石二鳥です。 国産のねんどモンモリロナイトは洗浄、保湿だけでなく保護にも役に立つ、まさに万能な素材だと改めて感じました。

試したことがない方は、「ねんどの皮膜?」と思う方もいらっしゃると思いますが、塗ってみると分かる皮膜感。 守られているのが実感できますので、ぜひお試しくださいね!


最後に きちんと自分のアレルギーについて知っておいた方がいいと思い、近くのクリニックに検査に行ってきました! こちらのクリニックでは39種類のアレルゲンを一度に調べられます。(血液検査)



覚悟して検査結果をみたところ、、、

なんと39種類のうち2種類のみ、それもかなり弱いアレルギーでした。

先生にも優秀と太鼓判を押していただきました!

(鮭のカユミはなんだったんだろうと納得できない部分もありますが・・・)




皆様もアレルギーにはご注意をくださいね。

閲覧数:35回0件のコメント

Comments


bottom of page